ゴルフプラザアクティブAKIBA

アクティブファンディング実施中

スタッフブログ

【相樂トレーナー】第2回アクティブ勉強会

みなさんこんにちは!
Akiba Golf Stadioトレーナーの相樂(サガラ)です。漢字の読み方は覚えていただけましたでしょうか?

 

今回は先日行いましたレッスンプロ合同勉強会の内容についてお伝えしたいと思います。

 

 

第2回はなんと…

 

「股関節」

 

ゴルフをしていると一度は聞いたことがある関節ではないでしょうか?前回お話しした胸郭(きょうかく)同様ゴルフにおいてとても重要な関節になります。

 

股関節はどんぶりにボールがはまっているような関節の形をしているので比較的“自由に動く関節”となります。自由な関節のため様々な方向に曲げたり伸ばしたり捻ったりとできるわけですが、その中でもとりわけ重要になってくるのが

 

「屈曲」「外旋」

 

という動きになります。

 

 

「屈曲」は太ももを前に曲げる動き、「外旋」は太ももを外に開く動きになります。ゴルフスイングでは左股関節で屈曲と外旋に制限があるとトップを作るまでに上半身の動きに下半身がついてきてしまい、“捻転差”を作ることができません。つまり「スイングするための“タメ”が作れない」ということになります。

 

そこで「屈曲」と「外旋」の動きを出すエクササイズをいくつかご紹介いたします。

 

①シェルエクササイズ(初級)

 

 

[ポイント]
・膝を開く際は踵を離さず骨盤を開かない。
・右のお尻に効いてる感じがあればOK。
・1回をゆっくりじっくり行う。

[回数]
・10回×2セット

 

②プローンT(上級)

 

 

まだ余裕のある方はさらにこの状態から股関節をひらく。
※上半身の向きはそのままで股関節のみ

 

 

それぞれ同じ屈曲と外旋のエクササイズですが、「体重がかかっているか」という大きな違いがあります。ゴルフは立った状態でアドレスを構えますから“体重がかかっている”状態となります。

 

そういった点から考えると、よりゴルフパフォーマンスに活かすのであれば②のエクササイズが効果的ですね。ただ、難しいエクササイズとなりますので①のエクササイズに余裕ができてきたら行ってみましょう。

 

ゴルフのパフォーマンスアップはもちろんお身体のお悩みにも相談に乗りますので、お気軽のお問い合わせください。心よりお待ちしております。

 

[ボディケア&トレーニング]

相樂 勇


SHOP LIST

SHOP LIST

関東甲信越

東海・関西・九州

北海道